こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参。1999年からのアルビサポ。

スポンサーリンク

アルビレックス新潟2021第4節VSザスパクサツ群馬マッチレポート【試合レビュー】

スポンサーリンク

 

f:id:kouzu345:20190329074019j:plain

 

ども、こうずです。

  

にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ
にほんブログ村

 

 

www.kouzu3.net

 

4連勝達成。

山口戦同様、2点先制して、1点返されまでは一緒でしたが今回は最後に3点目を入れることができました。

 

ロメロのフィジカルの強さ、至恩の個人技は去年から引き続き良いですが、今季の良さは鈴木と高木と藤原にあるような気がしています。

 

鈴木のようなFWって今までのアルビにはいなかったタイプで、がむしゃらさや速さが売りのFWが多数在籍していたアルビからしたら結構異色なんですが、アルベルト監督のサッカーにはとてもハマってますよね。

 

 

冷静にゴールを決めるだけでなく、ボールのおさまりも良いし、クレバーなプレーもできる、前線からの守備もできる。

申し訳ないけど新太よりもだいぶ良いFWだなと。誰かを下げて話するのは良くないけど移籍しちゃった人なら持ち出してもいいかなと。

 

新太は我が我が!というタイプでしたが、鈴木のようなクレバーなタイプだと去年よりも周りが活きている気がします。

 

そしてその影響を一番受けているのがおそらく高木。

 

彼がのびのびプレーするとこんなに素晴らしいのかというのが今季のポイントの1つ。

 

周りがバランス取れる選手が揃っているので高木がのびのびプレーできている。

 

個人でなんとかしないといけない局面が去年よりもウンと減って、組織で解決できるチームになってきたと感じています。

 

 

そして最後に藤原。彼が右サイドにいることで左の堀米も去年よりもプレーの質が上がっている気がします。

 

ロメロとの連携も良いし、自ら駆け上がることも可能。ゴール前に顔も出せる。新井も良い選手でしたが藤原の方が今のアルビにはかなりフィットしているように感じます。

 

次節はいまだに勝利が無い東京Vとの一戦ですが、今のアルビでしかもホームなら5連勝も見えてます。

 

 

99年の7連勝を超えるのも現実味を帯びてきましたね。

 

 

スポンサーリンク