こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参。1999年からのアルビサポ。

スポンサーリンク

アルビレックス新潟2021第2節VSV・ファーレン長崎マッチレポート(試合レビュー)

スポンサーリンク

 

f:id:kouzu345:20190329074019j:plain

 

ども、こうずです。

  

にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ
にほんブログ村

 

 

北九州に快勝して臨むホーム開幕戦。相手は去年3位だったV・ファーレン長崎。戦力はほぼ維持され、監督だけ変わったという状況の長崎。J1からの降格チームが無い今年は昇格の最有力と言ってもいい相手。

 

アルビは遂に満を持してマイケルがスタメンに。

 

千葉とマイケルのCBコンビはJ2で最強だと思うので非常に頼もしい。

 

 

 

 

 

試合は長崎のハイプレスをマイケル千葉がうまくいなし、阿部ちゃんの落ち着いたフィードも相まってややアルビペース。

 

千葉がちょくちょく縦パス入れるのを高木がいなして鈴木や至恩につなげる場面があるのはとてもいいと感じた。

 

高も北九州戦よりも安定みが増して、プレスがハマっていたし、ボールの供給も良かった気がする。良化著しい。

 

 

アルビはやっぱりハイプレス型のチームに弱い。去年からそこは引き継いでいるが、最終ラインが去年よりも落ち着いているのと、藤原堀米が両サイドを高めにポジション取れるしボールを運ぶこともできるので致命的なミスは減ったと感じる。最終ラインからパス回しするのでそこで取られてショートカウンターみたいなのがピンチになりやすいんですが、その回数は去年より減っている気がする。

 

 

阿部ちゃんがわりと割り切ってロングボール蹴るのもいい方向に向いているかもしれない。

 

 

後半、高木のFKが相手に当たってゴール。とてもいいゴールでした。

 

しかしその後至恩が2枚目のイエローで退場。

 

 

中村太主審と岡部主審の両名は非常に相性の悪い審判なのでアルビを出禁にしてほしい。

 

 

 

後半のこり35分くらいはずっと守勢。

 

マイケルも足攣ったりしてたしみんな満身創痍だったけど、特筆すべきは鈴木の狡猾さ。

 

こういう選手がアルビには歴代で見ても少なかったがとても頼もしい。鹿島のロスタイムのサッカー見てるみたいだった。

 

 

 

無事守り切って1-0で勝利。

 

開幕から2連勝は12年ぶりだそう。

 

とてもいい試合でした。感動しました。

 

いつもは「潟る」と言われてロスタイムに追いつかれたりしてなかなか勝ち点3を取れない試合が多かったわけですが、今季は一味違いましたね。

 

 

モバアルZの会員なので、試合前後の様子を見ることができるのですが、チームの雰囲気はとてもいいように感じます。

 

アルベルト監督が包容力のある父、堀米が締め役の長男、そんな感じでしょうか。断片的な動画で見てそのように感じるのですからおそらく本当に雰囲気はいいのでしょう。

 

次は山口。連勝すると油断する癖があるのがアルビなので、取りこぼさずに3連勝を決めてほしいところです。

 

スポンサーリンク