こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

第3節レビュー【アルビレックス新潟VSツエーゲン金沢】

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20190329074019j:plain

 

ども、こうずです。

前節のレビューはこちら。

 

www.kouzu3.net

 

 

www.kouzu3.net

 

 

 第3節が7月という状況、遂に迎えたホーム開幕戦。

 

 ほかのクラブも同じような取り組みしてますよね。

 

  

 

 マイケルがメンバー入りしているのは本当にデカイ。去年、マイケル加入後のDF陣の安定感はすごかった(その分、大谷の個人のミスや不安定さで防ぎきれなかったものが余計に露呈しましたが。)

 藤田君連続スタメン。今日こそはと思っていましたが…。

 

 

 ヤンツー本当にかっこいいな…。また何らかの形でアルビに携わってほしい。

 

 

 マウロの縦パス1本見事に通ってファビオ。

ファビオは十分レオナルドの穴は埋められそうですね。

 

マイケル以外にDFでフィードが上手い選手が入ったという意味ではマウロの加入も大きい。大武に比べてもマウロの方がいいと思う。

 

 田上…。自分が監督だったらもう使わないかなぁ。この2試合で10試合分以上のミスしてる気がする。

この失点はGK責められないでしょう。

むしろ秋山の守備の課題が去年に引き続きあるってのがちょっとがっかり。前節まではゴンザレスが目立ってたから秋山の守備面が表面化しなかっただけだったのねと。

 

 

 ゴンザレスは結構厳しめにチェックに行くし、ファールも恐れないのでカードは増えそう。柏のヒシャルジソンみたいな選手ですよね、ゴンザレス。

それを無駄にしないためにも守備陣が連動して奪ったりブロック敷いたりしないといけない。

この試合はそれができてなかった。

 

おそらくゴンザレスが最終ラインに吸収されること、秋山は守備が得意でないこと、田上が穴であること、すべて柳下監督は分析していたと思われる。さすが。

 

 

 セットプレーやクロスからの守備のほころびが目立つ。やけに目立つ。要は空中戦とこぼれ球である。これはサイドでの守備対応も問題ということが含まれる。

吉田監督時代の不老GKコーチはセットプレーの守備の修正を最後までできなかったから私からしたら良くないコーチ認定をしているが、今季のアルベルトアルビも似たような症状が出ている。

連携、連動面の問題もあるかとは思うのでまだはっきりとは明言できないが、今季通しての課題にはしないでもらいたい。早めに修正できるかどうか、アルベルト監督の手腕にかかっている。

 

一方、この試合のように守備がハマらず、ミスを連発するような状況だと柳下監督の「ハイプレスショートカウンターサッカー」はものすごくハマる。

柳下監督時代のアルビが躍進した時にバンバンジャイキリできたのは、ある程度の精度と技術があってものすごくスタミナがあるチームがハイプレスショートカウンターをするとJ1でも十分通用するというのは、J1各チームのポゼッションというスタイルの難しさを逆に示したと思っている。

 

アルベルト監督のサッカーは吉田監督のサッカーとは毛色が違うので単純比較はナンセンスだが、大枠でのポゼッションという意味ではやはり難しさがつきまとう予感を感じた。

 

 

 若さを感じるミス。

 

 

 マウロは優秀。しかし、田上秋山のラインがどうも狙われる。厳しい。

 

 

 前半2点ビハインド。厳しい。 

 

 アルベルト監督を3試合見てきて思うのは、変な采配、選手交代が少ないことだ。なんでここでこの選手?という交代をする監督は少なくないが、アルベルト監督は適した時間に適した選手交代をする印象がある。

 

 

 決定機が何度も訪れるが最後に決めきることができない。

 

 

 ガッツマン高木。やはり彼のように気持ちをみせるプレーをする選手は好きだ。 

 

 

 金沢の守備陣の執念を見ると、アルビの拙いミスからの失点の連続の情けなさが際立つ。

 

 MICHAEL IS BACK!

 

 

 

 高木ナイス過ぎた。やはりエリアに切れ込むと何かが起こる。

 

 あと2点で逆転というところまできた。

 

 

 マイケルと至恩君がめっちゃ効いてる。

 

 

 モバアルでマイケルの振り返りインタビューを読んだがやはり、スタメンで出ている選手の中に自覚のない選手がいるのは確かにそう感じる。

声出して、連携して、なんとか守り抜く気迫みたいなのが全選手から感じられると良いチームになりますよね。今はまだまだかな。

 

 藤田君は自滅2回、ノーチャン2回。単純な失点数だけで彼を非難するにはまだ早いと個人的には思う。

マイケルの指摘の部分は真摯に受け止めながらも、マイケルが藤田君の努力している部分で認めているところがあるというのはそれ以上にポジティブな話だと感じた。

去年、散々大谷で痛い目見たから、どうせ失点するなら将来有望な藤田君を使い続けてほしい。

 

 大谷に代わって失点が減るはずない。それくらい去年のプレーで私の大谷に対する評価は最底辺まで落ち込んでます。

 

 金沢の白井みたいなGKがいたらもっと楽な試合になるのにな。

白井以外にも、岡山のポープウィリアム、大宮の笠原、長崎の高木和、町田の秋元、福岡のセランテス、愛媛の岡本…この辺りはJ1でも十分やれるレベルのGK。

アルビはこのあたりに肉薄できるのが小島君くらいしかいないから彼のけがは痛い。

 

 

 

 ということで早く小島君戻ってきて!!!

 

 

 

今のところ、群馬戦のスタメンからシルビーニョとファビオを入れ替える形が一番よさそう。

 

マイケル、小島、大本がもどってやっと強いチーム扱いというのも今後の過密日程を考えると不安である。

マイケルの代わりのファーストチョイスが田上なのが気になる。岡本は田上よりもダメなのか?

去年のプレーを見るとそうは思えないんだが、今季のアルビはDFラインからもたくさんパスが出なければいけない。その部分で評価が下がっているのか?理由が知りたいところではある。

 

次節は松本戦。

 

布監督はしたたかであるし、金沢のように少しでも見縊ると痛い目をみる。早いところホーム初勝利を迎えたいところ。観客も5000人制限とはいえ入れられるわけですし。 

   

 

にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク