こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

第4節レビュー【アルビレックス新潟VS松本山雅FC】

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20190329074019j:plain

 

ども、こうずです。

 

 

www.kouzu3.net

 

 

 前節負けて迎える今節。相手は松本。

ご存じ反町監督が退任して高校サッカーでよく知った布監督が今期から率いています。

 

ハイライトでしか見てないけど今期の松本は相手の嫌なところを突いてくる戦いづらい相手という印象。

 

アルビは前節からスタメンを入れ替えて臨みます。

特に注目は初スタメン初出場のペドロマンジーでしょう。

他にも至恩、島田も今季初スタメン。

 

前節大量失点もGKは藤田で継続。これはアルベルト監督、ちゃんと育てる気だな。良き良き。

 

逆にここ2試合の失点の要因と言っても不思議じゃない田上が左SBでスタメン。これは堀米のコンディションの問題なのかなと。タイキ出してほしいなぁとかも思いつつ試合でその起用の意図をくみ取ろうと思いました。

 

CBは安定のマイケル&マウロ。これはJ1でも通用するコンビ。

 

 大本がベンチ入り。これも明るい材料かな。

 

 

 そんなこんなで田上がゴール。マイケルが競ったあとのこぼれ球でフリーになったところで勝負ありでしたね。

それまでは松本のねちっこいサッカーにあまりリズムが良いとは言えなかったアルビですが、良い時間帯に得点できたのは大きかったです。

 

田上は得点決めたのであまり批判的なことは言いたくないけどこの1点で前2試合のミスが帳消しになるほどではない。この試合でもパスミスやあまり良くないところでパスカットされたりとかボールロストとかあったので足元の技術はまだまだ不安。

 

この試合に落ち着きをもたらしたのはマイケルの存在。

 

DAZNのスタッツでも圧倒的にパス回数が多かったのがマイケル。

 

足元の上手いマイケルがボールの出し手受け手として最終ラインからビルドアップしたのが大きい。

田上がパス回数上位だった前2節は彼の足元の不安定さが失点に結び付くことがデータからもわかったと思う。とはいえ今節も田上はパス回数多かったが、マイケルがトップだったことが何より影響大である。

 

でも得点して気を吐いた田上は今節だけで見れば評価できる。大谷ほど個人的に信頼皆無ではないが、あと3試合連続得点くらいしないと不安の方が大きいかな。

大本マウロマイケル堀米の最終ラインが現時点ではベストメンバーかなぁ。

この試合で田上を起用したのは高さ対策的な面があるようにも感じたので、セットプレーからの得点ができたという意味でもアルベルト監督の意図がハマった形かなと。

 

新井も幾分よくなったけど、危険なところでボールを失うことが気になった。

 

島田はゴンザレスとは違うんだけど、同じような職人気質を感じた。

彼はセットプレーのキッカーにもなるので、そういう正確な仕事が身上という印象を受けた。

 

ボールの刈り取りという面ではゴンザレスがいないことで弱くなるが、松本がそこまで中央突破をしてこなかったので表面化しなかった。

 

 藤田がよく頑張っていた。

実際、GKのミスでの失点よりもディフェンス由来のノーチャン失点が多かったから、これくらいできるなら及第点ではないか。

飛び出しの思い切りの良さとセンスは光るものがあるし、フィードやビルドアップに参加できる足元の技術面も大谷よりよっぽど良い。

 

小島君が帰ってくれば小島君がスタメンになるかとは思うが、それまでは貴重な実践の場として成長してほしいと感じた。

 

 

 結局1点を守り切っての勝利。

 

マンジーは足元の技術を感じる場面があったが、もう少し連携面でフィットしてからかなと思ったり。

ファビオはいい選手だなと感じた。前線からのプレスもさぼらないし、スピードも高さもある。フィジカルも強い。

 

新太はMF起用だと持ち前の得点意欲というか、そういうものが若干そがれる気がしたので使い方難しいなぁと思ったり。ベストはファビオとの2トップか。

 

 

次節は水曜に町田戦。

 

町田の秋元からゴールを奪うのは大変だと思うし、今年の町田は侮れない。

 

今節見せた最後まで続く集中力、勝ちたい気持ちを町田戦でも見せてほしい。

   

 

にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク