こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容と情報およびアルビネタや競馬ネタ一口馬主ネタも少々

スポンサーリンク

ドウグラス タンキ選手&大武 峻選手 移籍加入

スポンサーリンク

ブラジル人FWのタンキと名古屋からDF大武の獲得が発表されました。

ドウグラス タンキ選手 Da Silva Souza Douglas Willian(DOUGLAS TANQUE)

■ポジション

FW

■生年月日

1993年10月27日(23歳)

■身長/体重

188cm/92kg

■特徴

強じんなフィジカルを活かして重戦車のようにゴールに突き進むストライカー。利き足の左足はもちろん、右足、ヘディングから繰り出すパワフルで正確なシュートが持ち味で、高い決定力で得点源となる。

■コメント

新潟に来ることができて非常に嬉しく思います。

チームの状況はよく理解していますが、チームメイトとともに、力を合わせて目標を達成できるようにがんばっていきたいと思います。アルビレックス新潟のサポーターの皆様、引き続き素晴らしいサポートをいただけますよう、お願いいたします。

大武 峻選手 OBU Shun

■ポジション

DF

■生年月日

1992年11月24日(24歳)

■身長/体重

189cm/86kg

■コメント

アルビレックス新潟のファン・サポーターの皆さんこんにちは、名古屋グランパスから来ました大武峻です。J2で出場機会のなかった私に、チャンスを与えてくださったアルビレックス新潟の皆さんに本当に感謝しています。

現在のチームの状況はよく理解しています。まずは残留と言う大きな目標に向かって、自分の持てる力をすべて出し尽くして、チームに貢献できればと思っています。

厳しい戦いが続くと思いますが、選手、スタッフ、サポーターが一丸となれば、必ずこの苦境を乗り越えられると思いますので、引き続き素晴らしいサポートをよろしくお願いします!

という紹介が公式HPにあったので一部抜粋してみました。

実際、FWとDFは監督の要望もあったということなので形としては補強したことになるんだけれども、群馬で4試合しか出ずに怪我して帰国したFWとJ2の1.5軍メンバーみたいなDFを移籍させるのは果たして「補強」というのだろうか?

それよりも来期J2へ落ちることを見据えてのメンバー編成に動いているようにどちらかと言えば取れる気がするのだが…

しかし、まだプレーを見ていないので表面上の情報のみで文章を書いているので早くプレーを見てみたいところではある。

ここ数試合のアルビは決定力不足、守備陣の凡ミス、セットプレーからの失点、エリア内での対応ミス…と良いところが無いのだが、一つ一つについて自分だったら現有戦力でどう改善するか考えてみた。

・決定力不足…

チーム内で決定力のある選手はホニとチアゴくらいか。田中達也も含めたいところだが怪我なのだろうか。

ホニとチアゴが点を取りやすい形とは何か?

サイドからの突破、バイタル付近のこぼれ玉、セットプレー…

ここで鍵になるのが矢野である。

基本的に、矢野が落とすか、つぶれて、そのこぼれ玉を狙うのが一番確率が高いように思う。

堀米や原、ホニや矢野がサイド攻撃を繰り返すことで中央にほころびが出ればそこがチャンスだし、もし駄目ならコーナーキックや、ファウルをもらってセットプレーからチャンスを伺うのもいい。

基本的にはサイド攻撃とハイプレスからのショートカウンターの融合が一番合っているように思う。

・守備陣の凡ミス

特に深刻なのが大谷の離脱によるGKの質の問題だ。

直近だと守田で4失点、川浪で2シュートで2失点、さらに天皇杯でも川浪は1失点している。

これだとよほど筑波大のGKを強化指定で使いたいくらいだ。

それよりも問題なのは、そんな守田川浪の状況でも出番が無い稲田の能力だ。そんなに劣っているのか?見たこと無いのでなんともいえないのだが。

GKが不安定であればどうすればいいか?

枠内シュートを打たせないことだ。

ではどうすればいいのか?とにかく体を張ってブロックすること。一人かわされたら二人三人で奪いに行く、囲むなどを徹底する。

これにはボランチの守備意識とセンターバックの守備意識の統一と、サイドバックの献身的な守備と運動量が鍵になると思う。

さらに言うと、やはりなるべく攻めている時間、相手陣内に複数選手がいる時間を増やさなければ、必然的に自陣で押し込まれる展開になってしまう。

やはりハイプレスが大事になってくるのではないだろうか。

・セットプレーからの失点

やはり、マークとセカンドボールへの意識とボールウォッチャーではなく人にぴったりついていくこと。これが出来ればいいのだが、出来ていないし、他のチームの選手よりも下手なので、人数をかけたり、タッチラインに逃げたりなどの決め事をしたほうがいい。

揺さぶられた途端に決められてしまうので、揺さぶられる手前でプレーを切れる対策をするべきだと思う。

・エリア内での対応ミス

つまりPK献上しすぎって話なんだが、これについてもエリアに侵入される前にプレーを切ってしまいたいところ。

これも相手陣内にいる時間を増やして、被弾する確率を減らすべきだと思う。

怪我人のいない状況で、新加入選手を期待値込みで考えてスタメンを考えてみると

GK

大谷

DF

堀米

大野

大武

矢野

MF

富澤

ホニ

アゴ

田中達也

FW

タンキ

かなぁ…。田中達也スーパーサブにして右SB原右MF矢野ボランチは富澤小泉でもアリかな。

今の状況でスタメンを組むなら

GK

守田

DF

堀米

ソン(西村)

富澤

MF

小泉

成岡

ホニ

アゴ

矢野

FW

山崎

矢野をFWにしてその下三人をホニチアゴ伊藤でもアリかな。

DFの層が薄すぎるな…。

明後日は鹿島戦。

とにかく見守ります。

にほんブログ村

スポンサーリンク