こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8カメコでチーム8ヲタクの小生が綴るヲタ活やカメコ活動に関連した内容と情報およびアルビネタも少々

スポンサーリンク

レンタル放出とレンタル獲得

スポンサーリンク

西村選手が山形へ、平松選手が長崎へレンタル移籍することが発表された数時間後、鳥栖から小川選手と富山選手をレンタル移籍で獲得したと発表がありました。

西村選手は、散々穴だとされたソン選手からスタメンを奪えない段階で武者修行リストには入っていたのかなと推察しています。

平松選手も同じくタンキ選手が加入した今、武蔵との2番手3番手争いに甘んじています。

彼らは片道切符だと思うくらいの覚悟で結果を出してきて欲しいと思います。

つくづく川又のようなレンタル復帰後に活躍するのはレアケースと最近のアルビではなっているので、成長につなげて欲しいところ。

小川選手に関しては名古屋時代に10番をつけていた頃のプレーのイメージがあって、中村選手に代わって当時中盤の要として機能していたと記憶してます。

しかしベテランと呼ばれる年齢になってどうなっているのかは中々私もチェックしていないのでわからない部分がありますが、少なくとも加藤選手よりは計算できる選手だと思ってます。

出るとしたら右MFかトップ下でしょうか。もしかしたらボランチもあるかもしれません。

富山選手は私は正直あまり知らないのですが、平松選手や武蔵よりは期待したいと思ってます。

しかし、シーズン前に比べてだいぶ選手が変わりましたね。

フロントと強化部は去年に続いて編成ミスを犯して、今必死にアリバイ作りをしているように思います。

そもそも金がない金がないと言っていたクラブが後出しでこんなに人件費かけられるのであればレオを引き止めることもできたのでは?

レオと東口がまだ残っていたら少なくとも最下位という絶望的な状況にはなっていなかったと思います。

最大の問題はウイークポイントの守備のテコ入れではないというところ。

DFとGKあわせて3人くらい計算できる選手を獲得してくれないとなかなか厳しい状況に変わりはないと思います。

全てが後手後手の悪あがき。フロントの責任はどんなに補強しようが残留出来なければ重大であることに変わりはありません。

にほんブログ村

スポンサーリンク