こうずクオリティー覚醒(c)

人生がドキュメンタリー。

スポンサーリンク

ガチすぎる?!サッカー好きアイドル”影山優佳”を徹底解剖【日向坂46】

スポンサーリンク

■ただのサッカー好きではないアイドルが影山優佳c

影山は5歳からサッカーを始めた経験者で、サッカーをもっと深く知りたいという理由でサッカー4級審判員の資格も取得している。サッカー好きを公言したのはデビュー当初からで、けやき坂46時代の2016年、『欅って、書けない?』(テレビ東京系)に当時中学3年生で初登場した際のキャッチコピーは「サッカー大好き少女」。好きなチームを「サンフレッチェ広島。海外で言ったら(ボルシア・)ドルトムント」だと回答していた。さらに、MC 土田晃之の「森保(一)監督いいよね。日本人で代表の監督するなら森保監督だね」という意見にも頷いていたが、先日11月23日の日本vsドイツ戦における日本代表スタメン予想を影山がほぼ当てていたことからも、以前から森保監督の戦略に注目していたことが改めてよくわかる。

 

 学業による2年間の休業から復帰した2020年以降も、影山はサッカー好きアイドルとして着々と実績を積み上げていく。ブログでJリーグ全56クラブを紹介する企画をスタートさせたり、『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系)を皮切りにサッカー番組に出演するなど、自分の考えを思いきり言える場が増え、サッカー関係者からどんどん注目されていった。

 

※我がアルビレックス新潟についても触れていて、それについては別の動画で私も取り上げました。

 

 

なかでも『内田篤人のFOOTBALL TIME』(DAZN)では、自然な会話の中で「どう、カゲは?」と内田がどんどん影山の引き出しを開けていったこともあり、等身大のサッカー好きという一面を世間に浸透させていく。

 

 そんな影山の最大の強みは、幅広い情報・知識を知っているだけでなく、説明上手で明晰な頭脳を駆使して、試合の組み立てや戦略まで想像しながら語れること。また、ディフェンス推しというマニアックな視点を持ち、そこからチームの構成や長所を的確にプレゼンできることも、サッカー関係者やファンを唸らせている要因だ。先日、日本vsドイツ戦の中継にスタジオ出演した際には、1-0で日本の勝利と予想し、試合の見どころを「ハイプレス対策の前線のクオリティ」と紹介。さらに日本の勝利後、解説を務めた本田圭佑との中継で、影山は後半のフォーメーション変更について質問を投げ、本田の考えを見事に引き出していた。



 

※この記事を動画で解説した版もありますのでぜひ!チャンネル登録もお忘れなく!

 

 

■サッカー好きは“にわか認定”されやすい

明石家さんまやナインティナインはサッカー通として知られている。一方で女性は、思いつくのは小柳ルミ子くらいで思いのほか少ない。本当はいるのだが、なかなか「サッカーに詳しい」という触れ込みでテレビに出づらいのだ。

 

「サッカー好きで知られる小島瑠璃子がテレビに出た時は『たいした知識もないくせに』と炎上しました。〝にわか認定〟されることを恐れて、本当に詳しくないと出にくい雰囲気です」(テレビ局関係者)

 

 そんな中、独り勝ち状態なのが〝アイドル界No.1のサッカー通〟こと影山だ。

 

 大会前からサッカー関連のテレビ番組に多数出演し、元日本代表の北澤豪氏からは「今までのサッカー好きアイドルと一味違う。あらゆる角度からの視点知識がある。恐るべしアイドル」と評されたことも。Jリーグや海外の日本代表戦を観戦していた両親の英才教育で、サッカー知識を身につけたとか。



■本田圭佑と渡り合うアイドル

 23日のドイツ戦では、影山はABEMAの生中継にスタジオ出演。現地から解説した本田圭佑に対して、影山は「ドイツはサイド攻撃を早いうちから、可変的にできていたと思うんですが」と質問。堂々と本田とやり取りする姿に「ガチすぎる」「アイドルの域を超えてる」などの反響があった。

 

このやり取りの詳細は…

「後半にフォーメーション変更があったが、特に何が効いたか」と戦術について質問。「5バックにしたところです。こういう対応を前半途中から出来るようになると、日本はもう1つ上のレベルにいける」との解説を導いた。

 

続いて「ドイツが前半途中で可変的にサイド攻撃をしてきた時に対応出来るように、ということですかね?」と確認すると、本田は真剣な表情で「やはり王者ドイツ相手には敵に合わせて受け止めることが大切なのですが、後半開始から対応出来たことは最低限良かったです」と回答。影山は「ありがとうございます!」と感謝し、満足そうな表情を浮かべていた。

 

解説者さながらのやりとりに、ファンも反応。ツイッターでは「元サッカー選手なんじゃないのか、と思うぐらい詳しかった」「影山ちゃんと解説の本田のレベルが高すぎた」「影山優佳はもう解説者の域なんよ」など、称賛の声が相次いだ。

 

大会前に日刊スポーツの取材に応じ、「サッカーを見たことがなかった方にも楽しんでもらえるように、自分なりの目線や私自身がサッカーを楽しんでいることを通してみなさんと盛り上げていけたら」と意気込んでいた。





「影山はABEMAとテレビ朝日の中継で、20試合以上出演が予定されている。女性芸能人としては独り勝ちの様相で、日本の快進撃と相まって影山はサッカータレントとしてさらに評価を上げそうです」(同)

 

 ほかの事務所がいまさら慌てて仕込んだところで、影山に勝てるタレントはそうそういないだろう。

 

 

■影山優佳cとは?

影山 優佳(かげやま ゆうか、2001年〈平成13年〉5月8日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・日向坂46のメンバーである。東京都出身。身長155 cm。筑波大学附属高等学校卒業。

略歴…

2015年、第2回 AKB48グループ ドラフト会議の最終候補者まで進み、AKB48グループ内で指名されなかった。

2016年5月8日、『けやき坂46(ひらがなけやき)オーディション』に合格。同月11日、同オーディションの合格者としてお披露目される。

2018年6月1日、学業のため一時活動休止の発表をした。

2020年5月26日、公式サイトで活動再開が発表された。

 

愛称は、かげちゃん、カゲ。

ペンライトカラーは■レッド × ■レッド。

キャッチコピーはサッカー用語を用いた、「あなたのハートにゲーゲンプレス」

 

趣味はスポーツ観戦。特に、熱烈なサッカー好きとして知られ、趣味として「ホワイトボードを活用したサッカーのフォーメーション及び戦術の分析」もあげている。ほぼ毎日、1試合は観戦していると明かしている。中学2年生の時には「サッカーをもっと深く知りたい」という理由でサッカー4級審判員の資格を取得している。自身の公式ブログでも「影山優佳のWE LOVE Jリーグ」と題したJリーグ応援企画を不定期で連載し、J1リーグからJ3リーグまでの全57クラブを順に紹介している。さらに、海外サッカーにも造詣が深く、“アイドル界ナンバー1のサッカー通”との評もある。

 

スポンサーリンク