こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

楽曲派古参ヲタが選ぶ2020年アイドル楽曲大賞ベスト3

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20201229133026j:plain


どもwwこうずですww

 

今回は『2020年アイドル楽曲大賞』

 

 

ということでベスト3をランキング形式で発表していこうと思います。

 

 

ひとえにアイドル楽曲と言ってしまうと数多いるアイドルの楽曲を全て聞いたわけではないのであくまで私がよく行く現場、よく聞くアイドルの中から独断と偏見でベスト3をつけてみました。

 

Youtube上ではしばしば楽曲解説動画もアップして『楽曲派古参ヲタク』を自称(kp)してますがw そんな私が選ぶ2020年アイドル楽曲大賞ベスト3です。早速行きます。 

 

第3位

 

AKB48 Team8 「ジタバタ」

作詞:秋元康 作曲:名雪亘

作曲家の名雪さんはイコラブのスタートの作曲家でもあるんですね。調べました。

  

この曲、AKBぽいけどAKBぽくないんですよね。曲調は「僕たちは戦わない」風だけどより今っぽさというかトレンド感が出た印象。

Team8は個人的に好きで多少ひいき目もあるかもしれませんが、なかなかこういう曲って無かった気がするんですよね。

汚れている真実ほど行き過ぎてもないし、Team8楽曲じゃないけどPositionほど流麗な感じもなくどっちかと言うと無骨感が見え隠れする感じ。好き嫌いは分かれるかもしれないけど個人的には刺さった楽曲のひとつでした。

まだ聞いたこと無い方はぜひ聞いてみてください。

 

今年はコロナの影響でイベントも少なく、披露する機会が少なかったのが残念でしたね。

 

 

第2位

 

=LOVE 「青春“サブリミナル”」

作詞:指原莉乃 作曲:塚田耕平

作曲家の塚田氏はジワるDAYSの作曲家さんでもあるんですよね。調べました。

この曲はYoutubeでも楽曲解説動画をアップしてますのでそちらもぜひご覧ください。

 

やっぱり高松瞳復帰曲にふさわしい王道アイドルソング。イコラブはもう3周年を迎えましたがアイドルグループが一番脂ののる時期ってまさに2-4年目くらいなんですよね。

そんなタイミングでリリースされるには最適なくらい最適な楽曲。キラキラ感、疾走感、爽快感。王道アイドルソングに必須とされている要素がふんだんに盛り込まれています。

それに加えて指原御大お得意の落ちサビからの転調もアリということで、ぶっちゃけ1位と悩みましたがここは2位ということでランキングさせてもらいました。まだ聞いたこと無い方はぜひ聞いてみてください。

 

 

 

第1位

 

乃木坂46 『Route246』

作詞:秋元康 作曲:小室哲哉

今年のアイドル楽曲大賞は間違いなしでこの曲でしょう。

作曲は皆さんご存じの小室哲哉氏。

秋元康×小室哲哉という組み合わせが2020年の現代に実現、ましてや今一番勢いのある乃木坂で実現というのが何よりファン的にもアツいですよね。

楽曲に関して言えば、90sサウンドの申し子である小室氏がソニーのクリエイティブとコラボすることで今風TKサウンドにうまく仕上がっていると感じました。

古臭くなく、嫌味も無く、むしろトレンド感すらあるけど根底にはきちんとTKクオリティ。そんな楽曲に仕上がっています。

センターは齋藤飛鳥c。小生が乃木坂通ってた時期はぐるカーからバレッタくらいまで(ピークはぐるカーからマネキンくらいまで)だったんですが、ロリメンって印象しかなかったので、もうすっかり大人っぽくなって若い子の成長についていけないくらいですw

まだ見たこと無い人はぜひ聞いてみてください。

 

 

 

という感じでランキング形式でベスト3を発表いたしました。

Youtubeでも同様に解説をしています。動画の方は話し言葉がより顕著なのでまたいろんなことを解説しています。ぜひあわせてご覧ください。

 

 

 

皆さんにとっての楽曲大賞はどうでしょうか?

年末、自分なりにランキングを作ってプレイリストなどにして聞いてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク