こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

他責ヲタクと自責ヲタクの違い

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20191206120332j:plain


ども、こうずです。 

 

 こんなまとめサイトを見て思わずツイートw

 

しかし現場が無い中で、SNSでの反応くらいしかメンバーとやり取りできる場ってない状況なのにさらに自分の首を絞めるヲタクっておそらく本当に無自覚か、相当嫉妬深いかなので、ヲタ活以外の趣味を見つけたほうが幸せになれる気がする。

 

もちろん、握手会やイベントとかで自分以外のヲタクに「良いなぁ…」って思う対応をしている場面を目撃したら確かに「うぅ…」となる気持ちはわかる。よーくわかる。ヲタクだもの。

 

できれば好きな子独占したいとか、美味しくなりたいとか、好かれたいとかは当たり前の感情だと思います。ましてや私も元はガチ恋出身(切腹号泣←)なのでよくわかります。(今でもうっすらその気があるのもつらい部分ですがw)

 

でも私の場合ある時気付いたんです。

 

他人と比べることで楽しくなくなるのなら比べない方がいいということです。推しメンが自分と楽しく会話してくれたり、何かしらの場面でほんのちょっとでもハンノウしてくれたり、そういう推しメンが自分の方向を向いてくれた時の楽しさ、嬉しさを大事にすべきじゃないかなと。

その反応の様子が他のヲタクの方がより楽しそうに見えたとして、それをどうしてもなんとかしたいのであれば自責で考えて、どういうお話をすればいいか、どういうヲタ活をすればいいか?自分の行動の改善につなげたりするのがいいと思います。

 

「良いなぁ…」と思うヲタクがどういう行動をして自分より好かれていると感じるのか?

毎現場いるから?握手券積みまくるから?こまめにSNSでコメントしてるから?カメコだったら写真が上手いから?フォロワーが多いから?…etc

 

いろんな面で自分との差を見つけられるはずです。

その中でどれか一つでも自分の方が特化してできそう!というものがあれば、それにチャレンジして関係に変化が見られれば成功だし、あまり変化がなければまた違うアプローチをすればいいわけだし…

 

今の私の考えってこういう感じなんです。

 

だから、ただ妬み嫉みで他者を落として自分のプライドのためになんかするような、まさしくまとめサイトにように自分がハンノウしてもらえないから、ハンノウすること自体が悪だ!みたいな論法をする人ってこういう思考でもなければ行動力も無いと思うんですよね。

 

www.kouzu3.net

 ここでも莉乃cのことを行動できる人こそ正義だと私は書いてますが、ヲタ活でも同様だと思います。

推しメンと仲良くしたいから握手会も行くし、劇場公演も行くし、たくさん見たいからファンクラブもたくさん入るし、良い写真撮りたいからカメラについていろいろ勉強するし、何が良くて何が悪かったか振り返ってトライ&エラーを繰り返しながらこの機材でこういう立ち回りでやってみよう…とか、SNSにアップするタイミングはいついつで、どういう表情のどういう構図のもので…とか、私の例(ヲタ的にもカメコ的にも)で見てもいろいろ試行錯誤して今に至っていることが説明できます。

 

 

しかしながら、ヲタクの中にはものすごいお金持ちや、ものすごいイケメンや、ものすごいフットワークの軽い人(ハイパーおまいつ的な)がいたりするので、全方向的に真っ向勝負しても勝てないような状況が必ずあるので、そこは身の丈にあったレベルで自分ができる最大限のことを行動に移せば、今より改善するはずだし、加えて自分の方向を向いてくれているときのメンバーの対応にもっと向き合うことが大事で、それができれば精神的にもある程度安定するんじゃないかなぁと思います。

 

他者が気になるのは当然。でも少しでもそっちに引っ張られるベクトルを変えてあげるだけでもっと環境は好転するのになぁ…としばしば感じます。

 

こういう足の引っ張り合いみたいなので制限が増えるのは悲しいですね。

スポンサーリンク