こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

アフターコロナのアイドル現場について思うこと

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20190527131240j:plain


コロナウイルスの感染拡大が騒がれたのが1月ごろから。本格的に自粛の動きが早まったのは3月ごろからと認識しています。

あぁ、早く以前のように日常生活が戻ってこないかなぁ…と思っていたら既に5月。GWもいつの間にやら終わってしまった。

ツイッターでも書いたけど、GWに全く現場に行かなかった・現場が無かったということは10年以上の単位でというかドルヲタになってからは初めてかもしれない。

メンバーは自宅からの配信などで頑張っているけど、やはり現場が無いのはヲタク的に寂しいしつらいものがある。

コロナでの自粛前の現場がSTUの舞浜でのコンサートなので、あれは行って本当に良かったと改めて感じている。というか今年行った現場、主に12月のものだけどすべて行って良かったと感じている。

 

www.kouzu3.net

www.kouzu3.net

 

たまに「会える時に会いに来ないと後悔するよ!」なんて嫌味っぽく言うメンバーがいる(あれ苦手w←)が、私はわりと常に行ける現場はなるべく行っているので、現在のコロナの状況がただただ残念でならない。もはや無念に近い。逆にあの現場行っとけば…というのもさほどないので後悔という気持ちはそこまでない。不思議なものですね。

 

さて、現状を憂いてばかりいてもネガティブになるだけなのでアフターコロナ。つまりコロナ騒動が落ち着いた後にどうなるか?を考えてみたいと思います。

 

◇握手会

握手会場はいわば3密の権化みたいなもの。すぐに今まで通りに再開するのは流石に難しいような気がしています。

例えば屋外でやるとか、そういうことができれば密閉は避けられるのでまだ可能性はあるかな?という所でしょうか。

 

◇劇場公演

同様に劇場公演も3密です。

座席の間隔を空けて、1席あたりの値段を上げるなどで対応できるならそれでもいいとは思いますが、何かで3密を避けるコンサートの着席例をみたら閑散そのもので、そもそも別の意味で公演と言う興行がそれでもいいのか?という点でも問題が出てくる気がします。

 

◇コンサート

これは屋外であれば密閉は避けられるので可能な気がしていますが、別の問題として会場を抑えるのが大変でしょう。AKBに限りませんが、アフターコロナの会場問題は結構シビアな予感がしています。

 

そもそものコンセプトが「会いに行けるアイドル」なので、なかなか「会いに行けない」というのは非常に苦境に立たされていると感じています。そもそも運営会社がつぶれないか心配してますw

 

振り返ってみてください。冬の時期の握手会とか、インフルにかかってるようなヲタクも握手会に来たりしていたわけですから、検温とかはする必要があれどコロナは無症状での感染状態があるということなので各自のモラルとかですら防ぎきれない場面が出てくるはずです。

 

そんな3密の中で今まで握手会を行っていてもインフルになるのはせいぜい来場者の数%程度でしょう。

 

ホリエモンが言っているように、結局はトレードオフなんだと思います。

過度な自粛は日常生活を犠牲にして、全く自粛しなければ感染が広がる可能性も高くなるでしょう。どっちかをあげればどっちかが下がるという理屈です。

 

通常できる感染対策(手洗いうがいの励行)をしながら今まで通りの日常を取り戻す。今、考えられる中で最善の方法はこれしかないような気がします。

それでも、人間と言うのは集団意識というのがありますから、マスクをしていない人やせき込む人への偏見もアフターコロナでは継続するでしょう。

そこはTPOをわきまえて行動するようにすればいいだけ、必要なら運営会社がルールを示せばいい。

 

連日メディアなどでは数字のマジック(街への人出が前日比999%!!!)とかコロナで亡くなった方を取り上げて不安を煽り続けていますが、事実は事実として理解をした上で、正確に理解する必要も各人に求められているはずです。

例えば人出が前日比999%だと言われても、コロナ前に10000人。土日に100人。月曜に999人。このように899人増加しただけで前日比999%増!って言えてしまうわけです。コロナ前に比べればそれでも人出は90%減、別の数字を使えば10000人から9000人減なわけです。

亡くなった方のニュースに関してもどうしてそうなったのかという面(例えば持病があったとか、年齢だとか)に加えて、実際回復された人数に関しては相対的に取り上げられる時間が少なすぎます。

一部の人が重症化しやすいということ、無症状で感染状態になることがあること、一部の薬で症状が治まる例が出始めていること、感染したら全く直らないどころか回復者が相応の数いること。こういう情報を総合的に見る必要があると思います。

無症状で感染していたら、知らずに人に移してしまう恐れがあり、自分から感染した人が亡くなったりすることもあるでしょう。だからマスクをつけて人に移さないようにしているわけですよね。

通常できる対策は取りながら、日常生活に戻すというのはそういうことだと現状、個人的には理解しています。(現状と言っているのはコロナウイルス自体の解明がまだ不完全だからです。)

 

屋内ではなく屋外であればウイルスは相対的に薄まり、検温の実施や消毒液の常設、マスクの着用などで十分対策できるのでは?と思っているのですが、世間には風向きというものがありますからね。その目途がいつになるのかわからないというのが悩ましいですよね。

アイドルにとっての1か月ってとても貴重だと思っています。それが年単位になると影響はより大きくなるわけです。

個人的にはなるべく早く日常が戻ってくることを祈るばかりです。(こうずガールズたちに755とかで介護してもらってるおかげて首の皮一枚つながってますありがとうございますメンバーの皆さん。)

 

スポンサーリンク