こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

【2020/01/17】=LOVE Winter Tour「866」@ Zepp Tokyo参加レポ【撮影/写真/イコラブ/ノイミー】

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20200120110007j:plainどもwwこうずですww 

 

 イコラブのツアーファイナル東京。カメコエリア席が無事当たったので行ったんだが、チケット発券してびっくり。まさかの整理番号1桁。

 

たまに引きが良いときがあるとは言え、スタンディングの1桁ってまぁまぁ無いので最前いけるかなぁ?の気持ちでいざ会場へ…

 

エリアが「一般」「女性」「カメコ」と3種類あるんだが、待機のさせ方が全エリア共通で1-100番、101-200番みたいなやり方で人がごった返してました。

 

入場のタイミングになって1番から呼び出しが始まるんだけど、「1番」って呼ばれたら最大でも各エリアから1人ずつで3人が入場するはずなのに一気に10人くらい来ててわろたww

あそこで突破しようとするのはピンチケが過ぎる()だろwと笑ってしまったw(もちろん弾かれてる人もいましたが突破を試みたやつら全員を弾き切れてるかは不明w)

 

さらに!

番号呼び出し⇒荷物チェック&ボディチェック⇒チケットもぎり⇒入場

という流れだったんだが、チケットもぎりが2窓しかなく、しかも15番くらいまで呼び出している中で入場にストップをかけていたので軽い押し合いが起きてプチ混乱。

 

その理由は同じ動線で関係者を入場させていて、その入場が終わってないまま番号の呼び出しを始めてしまったからでした。

 

ソニーさん…何年運営やってんすか…(苦笑)

 

握手会イベントのみならずライブイベントまでこうだとマジで救いようがなさ過ぎてもうアレ…w

 

 という混乱にも動じず入場してなんとかポジションゲット。最前でイコラブちゃんたち撮れるのでかいなーなんて思いながら待機。

 

 

ノイミーが17:50から前座的なやつで出てくる予定だったんだが10分以上は押しました。おそらく入場で手間取ったのでしょう。そりゃあそうです。若い番号の時点でそういうことが起きているわけですから。

 

 で、ノイミーちゃんたち。

谷崎cがわりと早い段階で気付いてくれた脳内。

 

それから冨田cも気付いてくれた脳内。

 

やはり知られているのはでかい…!

 

そして冨田cのパフォーマンスはやっぱりいい。「歌に力強さがある」というのはありきたりな褒め言葉なのかもしれないけど、それを体現していると見るたびに感じる。とてもエネルギッシュである。

 

また、最後にやった≠MEが撮影可能曲でもあったんだが、そろそろ画角、表情、衣装どれも飽和状態()チックになってきているなぁとカメコ的には感じてしまった。もちろんライブだから同じものは二度としてないんだけど劇的な絵変わりには乏しさを感じてしまうのも事実であって(カメコ的には)、試行錯誤の連続でござる。撮可曲とか衣装が違うとカメコ的には喜ぶと思うんですが、あくまで1意見として。

 

からのイコラブちゃんたち。

1曲目から撮可だったのだが、制服調の衣装がとてもかわゆでした。

 

 大場花菜cが気付いてくれた脳内。

 

佐々木舞香c圧倒的美女み…。

 

楽曲的には虹の素、ズルいよズルいね、Sweetest Girlあたりが聴けて良かった。

 

莉乃cが目指す「実力派」というのは見るたびに感じるのでちゃんと力をつけているように感じている。パフォーマンスは間違いなく見るたびに向上している。

 

 いやープロデュースして自分の思うように(近い)成長曲線を描いてくれるメンバーたちを見れたら楽しいだろうなぁと、急に莉乃c目線で感慨深くなってしまったりw

 

 北関東ツアーも決まり、新曲も決まり、今年もちょくちょくイコラブ現場には行きたいなぁとは思っています。ソニー運営に不満はありながらも、それを補うだけのメンバーの努力とホスピタリティ()があるので…w

  

 <撮影写真はこちら>

 

 

 たくさん撮りました。

良いなと思ったものはいいねやリツイートしていただけると素直に喜びます。

 

スポンサーリンク