こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

NGT48劇場で顔認証システムが導入されると聞いた古参ファンの雑感

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20190527143935j:plain


どもwwこうずですww 

 

 こんなお知らせが… 

 顔認証システムがNGT48の劇場公演の入場に関する本人確認で導入されるそうです。

 

以下、公式より抜粋

NGT48 Mobile - NEWS

 7月1日、NGT48公式サイトでのご報告の中で、セキュリティ対策の強化の一つとして生体認証システムの導入について挙げさせていただきましたが、この度、生体認証システム構築も準備が整い、皆様にお知らせできる状況となりましたので追加報告としてお知らせ申し上げます。

 生体認証については顔認証を採用することに致しました。顔認証とは、顔の輪郭、形や目鼻などの配置を画像認識により抽出し、その特徴によって識別する方式となります。

 まずは10月中に、NGT48劇場で行われる公演から顔認証による本人確認の導入開始を予定しておりますが、将来的には他劇場やコンサートイベント会場での導入も検討しており、NGT48劇場での導入がAKB48グループでも初の試みとなることから慎重に協議しておりますので、本導入までもうしばらくお時間を頂戴しますこと、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

 --------------------------------------------------

 

イチAKBグループのファン(ファン歴13年目)としてこれを見て感じたのが他の劇場でもこれ(顔認証)やるつもりなのか…ということ。

 

NGTで起きた今回の事件は、初動で事実として明らかになっている情報の少なさから様々な情報が錯綜していると感じていて、最初に植え付けられてしまった印象によってその後の情報の真偽や信ぴょう性にかかわらず、AかBか?ようはどっち寄りの情報かで取捨選択してしまっている受け手が多いように感じています。

 

www.kouzu3.net

www.kouzu3.net

www.kouzu3.net

www.kouzu3.net

 

 

もちろん運営の対応の不手際も相応にあったと見受けられますが(第三者委員会の報告書など見ても)、いわれのないメンバーが被害を受けたりする状況、グループ全体のイメージダウンなど様々なところへ飛び火していると感じています。

 

中にはこの顔認証の導入がなければ公演再開を警察が認めなかったと発信する人もいます。

 

何か確固たるソースがあればそうなんでしょうけど、個人的にはそのような情報も憶測の範囲な気がしてなりません。

 

そもそも民間の興行のチケット購入者の本人確認ということまで警察が口を出すのか?

AKB劇場でチケット購入の本人確認ができたのはメール抽選以降だったと思います。並びで買えてた時代(メール抽選枠は別ですが)に本人確認なんてありませんでした。その後、当選権利を売買したりして当選者以外が公演に入る事案が見受けられるようになってからリストバンドが巻かれるようになったり本人確認が本格化したように記憶しています(違ったらご指摘ください)

ようはメンバーの安全というよりは転売対策的なニュアンスが強かったと思います。

今では当たり前になった握手会での本人確認も同様に、メンバーの安全対策よりも転売対策というニュアンスが始めたきっかけだと認識しています。

 

個人的には今回の顔認証は外向け、いわゆるAKB村より外の人間に向けたアピールのようなものだと思っています。

AKB村側の人間、AKBグループやNGTのヲタクからすればはなはだ迷惑な話、少なくとも私はそう感じています。

特にNGTの事件でワイワイ騒いでいるのはどちらかといえばNGT劇場に来たこともなければ握手会に来たこともなく、メンバーの名前と顔が数人でも一致しているわけでもなく、ただ野次馬のように騒ぎたいだけな人がマジョリティだと感じています。

実際に劇場に足を運び、握手会に足を運び、メンバーの顔と名前を覚え、さらに時間とお金を費やしている純粋なAKBグループやNGTの大部分のヲタクからしたら、「煩雑な手続きがまた増えたのか…」となるわけです。今回の施策が良いと思うわけがないですよね。

中にはメンバーに悪さをしようとする一部の厄介ファンを特定するのに顔認証が役立つ!と考える人もいるかもしれませんが、それは今までも身分証を確認していたわけですから、特に住基カードがだれでも取得できる現在においてその身分証を顔写真付きのものに限定するというほうが、現状のフローを変えずに本人確認を顔認証同様の効果で実施することができると思うのですが、そうではなく顔認証システムを導入します!の方が対策している感が出ると運営は考えたのでしょう。浅はかですよね。裏を返せばファンのことを何も考えてないですよね。お金を落とさない外野のためにお金を使う内野のファンを縛り上げる。これではNGTの先行きはなかなか明るくなりません。そう思います。

 

--------------------------------------------------------------

ちなみに文中にあった7/1の報告分というのは

NGT48 Official Site

今後は二度とこのような事態を招かぬよう、改善にベストを尽くしていく所存です。

①NGT48メンバーのセキュリティ対策の強化について
・ 防犯用のGPS通報専用端末の配布
・ 警備会社による劇場周辺やメンバーの自宅周辺の巡回の強化
・ 緊急連絡網の見直し
・ 地元警察との連携の強化
・ メンバーからの不審者情報等の集約と当該情報に基づく迅速かつ適切な対応
・ チケット受付における生体認証(顔)認証システムの導入の検討

②送迎対策
・ 送迎ルートや方法等の随時見直し
・ 送迎時のスタッフの帯同強化

③つながり防止対策
メンバー本人及びご家族の同意・協力の下、つながり防止対策として以下を実施して参ります。
・ 「私的領域(プライベートな空間)において特定のファンを優遇すること」等、ファンとの私的なつながりの定義の明確化と禁止ルールの遵守の徹底化
・ SNSのDM返信のチェック体制構築
・ プライベートな環境でファンと遭遇した場合の、運営への即時連絡
・ 握手会レーンへの防犯カメラ設置
・ まとめ出し時のスタッフの対応強化

④NGT48メンバーのメンタルケアの体制強化
・ 希望するメンバーへのカウンセリングの実施
・ メンバーのご家族との連絡強化、個別面談の実施

⑤NGT48メンバーと運営のコミュニケーション
・ マネージャー、支配人に加えて、役員、社長面談の実施
・ スタッフとNGT48メンバーによるミーティングの定期開催

⑥運営面での意識改善の機会創出
ファンの皆様との望ましい距離感をとるべく、考える機会の創出とルール化を進めております。
・ メンバー、スタッフ参加の専門家、弁護士を招いたSNS講習会の実施
・ 運営スタッフの危機管理意識の改善
・ メンバーの心得の作成

⑦活動の安心・安全のための毅然とした対応
・ 今回の出来事に関する民事訴訟の提起
・ メンバーの名誉やプライバシーの保護として、SNS等における脅迫ないし誹謗中傷の投稿や書き込みに対する民事上及び刑事上における法的措置の実施を含む厳正な対処

 

 ----------------------------------------------------------------

上記の通り顔認証システムは①のメンバーのセキュリティ対策の中でも一番下に書かれています。

私も①に書かれている中では一番優先順位は低いと思っています(そもそも導入する必要がないと思っているので※現状フローを強化すればいいだけ)

 

 むしろここで書かれていることすべての進捗をオープンにしていくのでしょうか?という疑問が浮かんできました。

そうなると運営の負担が多く、そもそもの実現可能性に疑問を感じます。

どれか未実施のものがあったり情報がオープンにされないものがあれば、あれはどうなったんだ!やはり運営は信じられない!と世間が騒ぐのは誰だって予測できるのではないでしょうか?

それが運営批判にとどまらず、メンバーへ波及してしまうことまで考えると、今回、顔認証システムの導入に関する情報をオープンにしたことで今後7/1報告の対策すべてに対して進捗をオープンにする十字架を背負ったと感じるのですが、それは私の思い込みすぎなのでしょうか?

受け取る側としてはこの情報はオープン、この情報はクローズなどとされるほうが運営への信頼感がなくなっていくと思うのですが…。かといってすべてオープンにできるのか?という話。

 

 あくまで私個人の意見、感想ですのであしからず。

 

追記

NGT48 Official Site

本日このようなお知らせがありました。

当社所属のNGT48 加藤美南に対し、SNSのDM(ダイレクトメール)を通じて、危害を加える等のメッセージが送られていたことに関しまして、従前より警視庁に被害の相談をしておりましたが、過日、容疑者が逮捕されましたことをご報告致します。

また、他のNGT48メンバーに対するSNSやインターネット上における脅迫、誹謗中傷につきましても、現在、警視庁へ随時ご相談をさせていただいております。

所属メンバーに対しては、SNS等における、脅迫、誹謗中傷等の書き込みやメッセージが送られてきており、メンバーの安全が脅かされ、精神的にも傷ついている状況で御座います。
当社としましては引き続き、この様な脅迫、誹謗中傷等に対して、刑事・民事を問わず、厳正に対処して参ります。


株式会社AKS

 

このような事案については厳格に対処し続けてほしいですね。

スポンサーリンク