こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容

スポンサーリンク

STU48榊美優cのSHOWROOM配信を見てアイドルの努力について雑感

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20190626152028j:plain


 ども、こうずです。

 

 ちょうどたまたま、誰かのSHOWROOMをチラッと見て、閉じて、「他に誰かやってるかなー?」と思ったらくーかcが「大切なお知らせ」なんてつけて配信しているから思わず見に行きました。

  

 完全版というかちゃんとした本人の発信は映像倉庫にアップされるものを見てください。

 

 ツラかったり悔しい思いをしているという発言を配信で聞いたのでエールを…。

 

  

 

ちゃんと見ているファンはいるんだからネットの悪口とかは無視していいのでは?と思ったり。

こうずさんもよくヲタクに叩かれますが、現場とかで面と向かって意見してくる人にはいまだ会ったことが無いですし、ネット上という安全地帯から爆弾投げてきてるような卑怯なやつくらいに思っておけばいいんじゃないかなと思います。

でも確かに対応悪いとか愛想が無いなんてネットで書かれたら営業妨害!って思いますよね。

 

 

ただ、今回のくーかcの発信にはヲタクによっていろんな受け取り方があるとも思います。こういったメンバーの発信を純粋に前向きにとらえてくれる人ばかりでもないし、それにくーかc以外にも当然努力しているメンバーはいるはずです。

 

でもくーかcにフォーカスをあててみると確かにゴゴリバ公演にたくさん出て(なかなか出演できないメンバーもいる中で)、Youtubeなども熱心に続けてたり、何かバズる(c)きっかけを模索して頑張っている様子はよくわかります。最近は髪型も変えてイメチェンしたり、そういう模索の仕方も一方向のアプローチに固執しているわけでもありませんし。

 

しかしそこに乗っかってくるのが「握手券の売れ行き」という現実なんですよね。

 

わかりやすい人気の指標でもあり、握手券がなかなか取れないほど対応の良いメンバーはヲタクにとってはもちろん正義です。ひとえに「釣り」といっても得意だったり上手なメンバーの中でも熾烈な争いがあるはずです。

 

配信ではいわゆる「釣り」が苦手だからその分パフォーマンスに力を入れている旨の発言があったりなど、握手会に必要とされているスキルや得意不得意で言うと不得意な分野であることも彼女は認めています。

 

パフォーマンスでとことん努力すれば握手券が売れるのか?

ではなく

握手券が売れるためにはどう努力すればいいのか?

を理解して、

真摯に向き合って努力することが「握手券を売る」一番の近道ではあるはずです。

 

しかし、そういった得意分野である「パフォーマンス」をないがしろにして「握手券が売れる」という欲しい結果にフォーカスをあてて努力しても当然実らないことだってあります。何事も努力すれば成功するわけではありません。さらに人には時間が平等に1日24時間しか与えられません。やれることすべてに努力するのではなくある程度取捨選択をして取り組む必要もあります。そういったところ全般にジレンマが生まれますよね。。。

 

それに「釣り」という海も広いですが、だからといって「パフォーマンス」という海が狭いわけではありません。「パフォーマンス」の海も広いです。

つまり、どこにいても優劣をつけられ勝敗をつけられ序列をつけられてしまいます。

 

この話題、続きは次回私の7月のニコ生の番組内で時間を取って討論しようと思っています。無料で見れる時間帯にやりたいと個人的には思っていますので、コメントなどたくさんいただければと思います。

スポンサーリンク