こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8カメコでチーム8ヲタクの小生が綴るヲタ活やカメコ活動に関連した内容と情報およびアルビネタも少々

スポンサーリンク

推しメンが苦悩してても何もしてやれないヲタクの無力さ

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20180403160901j:plain


どもwwこうずですww

 

あたくしのブログを読んでくれている方はきっとツイッターも見てくれてたり、こうずガールズについてもざっくりわかっている方が多いと勝手に思っています。

 

www.kouzu3.net

 

 

www.kouzu3.net

 

 

www.kouzu3.net

 

そんなあたくしの大好きな推しメン、そしてガールズ(c)たち。

モバメを取っていたり、ツイッターや755をフォローしていたり、タイミングが合えばSHOWROOMを見たりとSNSを通した彼女たちの発信に関しては結構見ているつもりです。

 

しかし、そんなかわゆなガールズたちが総選挙期間前後で特に苦しんでいるような様子をSNS上で読み取れる場面が多くありました。

 

そんな状況をふまえての小生のツイート…

 

運営の不手際について。

今年の4月からで見ても、単独コンサートでの転落事件…

 

www.kouzu3.net

 

チームKとチームBの初日延期…

 「苦渋の決断(c)」とは??

(何回同じことを繰り返すんでしょう?見ている側からすると一言余計な気がしますが)

 

運営やスタッフの振る舞いに関する疑問…

 この映像自体はとても良いんですが、周年コンサートのリハで時間が無い中取り組むメンバーに対してスタッフがメンバーへ説教する場面があるんですね。

鼓舞するようなものではなく、ありきたり、予定調和なただの説教にしか見えず、それにいちいち付き合わされるメンバーはどんな気持ちなんだろう?と個人的には思いました。

 

 

瀧野由美子cの選抜としての苦悩に関するモバメに対して…

 由美子cはとっても真面目なんだろうなぁとは思っています。

ただ、SNSで見ている限りではスタッフに対してやけに気を遣うというか、必要以上に立てる場面が目に付くのは以前から気になってました。

f:id:kouzu345:20180620113646j:plain

運営スタッフの 誤爆もありましたよね。

由美子cは総選挙のスピーチでも一番最初に感謝の気持ちを伝えたのはスタッフに対してでした。

いろんなメンバーやメディアが「ファンとの絆を確かめる選挙」みたいに謳っている中(個人的にはそんなのどうでもいいっちゃいいのですがw)、実際に投票するのはファンなわけです。

そもそも総選挙自体どうなんだ?という話はここでは一旦おいておいて、感謝の順番を彼女にしては珍しく間違えたのは気になりました。(それで嫌いになるとかはもちろん無いですがw)

なんでこんなにスタッフに触れるんだろう?という謎と岡田奈々をやけに崇拝しているところを見ていると、本当に支えとなる人物はスタッフではなく岡田奈々しかいないような内情があるのかな?って勘繰りたくもなりますよね。あくまで私の妄想ですが。(総選挙で宮脇咲良cに寄りそう岡田奈々cの様子はいい意味で話題になりましたよね)

それに加えて、他のファンから選抜にふさわしくないみたいなことを言われたらたまったもんじゃないですよね。

それでもヲタクってなんにもできないんですよ。

 

究極的に言ってしまえば、ただ会いに行ったり、発信に対して反応するくらい。そのように苦しんでいる様子に根本的に何かしてあげることって難しいんですよね。

 

 由美子cだけじゃない。麟cもそう。

 Aの初日、キャプテン、選抜仕事、総選挙etc…。目まぐるしい環境でいろいろとあったんだろうなぁというのは想像に難くないです。

 

基本的にヲタクは無力です。

趣味なので楽しければ良いというのが基本的な私の考えですが、AKBはとてもメンバーとの距離が近いです。親近感がとても沸きますし、彼女たちの喜怒哀楽を共有することでより熱中・熱狂する部分もありますし、そこが楽しいという見方もあります。私自身もそれでよく感動しますし。。。

なので彼女たちが悩んでいる様子がSNSなどで見てとれるというのはある意味ではAKBの良いところでもあるわけです。AKBらしさ。

でもそれって、「ちゃんとスタッフさん運営さんサポートやフォローしてあげてるんだよね?」っていうのがあってまともに見れるとは思うわけです。

(でもアイドル運営でまともなところって無いですよね。。。)

それでも苦悩を浮かべる推しメンを見てヲタクはその無力さを実感するのです。

「何もしてあげられない…」

 

 

そこで最初のツイートをしたわけです。

 それでも楽しくヲタ活することこそがヲタクがヲタクとしてヲタク道(どう)を突き進む大事なことではないでしょうか?

 

今回の選抜総選挙の岡田奈々cのスピーチが良かったと話題ですよね。

一部抜粋します。

「私にできることは、今ある48人生を全力で生き抜くことです。AKB48のために、STU48のために、応援してくださるファンのみなさんのために、そして自分自身のために、今を全力で生きたその先が、AKB48グループの未来になると信じて、これからも走り続けます。48グループオタクのみなさん。みなさん、1つ言わせてください。自信をもってオタク人生を貫いてください。

 

 自信をもってヲタク人生を貫くためにメンバーは苦悩しながらも頑張っていると、そう思うことが今は大事なのかなぁと感じています。

 

 

  【Teacher Teacher購入はこちらから】

Teacher Teacher (初回限定盤 CD+DVD Type-A) [ AKB48 ]

価格:1,414円
(2018/5/23 09:55時点)
感想(0件)

Teacher Teacher (初回限定盤 CD+DVD Type-B) [ AKB48 ]

価格:1,414円
(2018/5/23 09:56時点)
感想(0件)

Teacher Teacher (初回限定盤 CD+DVD Type-C) [ AKB48 ]

価格:1,414円
(2018/5/23 09:56時点)
感想(0件)

Teacher Teacher (初回限定盤 CD+DVD Type-D) [ AKB48 ]

価格:1,414円
(2018/5/23 09:56時点)
感想(0件)

 

 

 

スポンサーリンク