こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8カメコでチーム8ヲタクの小生が綴るヲタ活やカメコ活動に関連した内容と情報およびアルビネタも少々

スポンサーリンク

【歌/かわいい】4周年公演で再認識した小田えりなcのパフォーマンスにみる魅力【AKB48/Team8】

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20180413062805j:plain

どもwwこうずですww

 

 

4/29のガイシでのチーム8の4周年記念コンサートにはあたくしももちろん参加予定なのですが、そこへ向けて、こうずガールズを中心にチーム8メンバーに関して記事を書いていこうかと思っています。

<こうずガールズはこちら>

 

 

この前は1推しの麟cについて書きました。

<麟cの記事はこちら>

 

 

今回はガールズ(c)のおだえりcについて書いていこうと思います。

 

 

4周年の劇場公演のレポ(オンデマで見ただけですがw)でも書きましたが、ユニットで個人的に良かったベスト3におだえりcのユニットでやった涙の表面張力を入れました。

4周年レポはこちら>

 

最近ずっとその時のユニットの動画を見続けています。

 

 

やっぱりおだえりcと言えば「歌」ですが、ダンスもなかなか魅力的なんですよね。

 

身長があるのとスタイル良いので見栄えがするというのもありますが、以前よりも良くなっている気がします。

 

 

最近では願い事の持ち腐れで本店シングル選抜入りを果たし、第4回のディバチャンも優勝。プロレスでめちゃイケに出てフォロワーが増えたってのも記憶に新しいですよね。

 

 

おだえりcの良さでやっぱり欠かせないのは「歌」ですが、特に最近涙の表面張力をおだえりc版とオリジナル版をよく聞き比べているので思うのですが、おだえりcの方が耳になじみやすいというか、「あっ、クセが強いなぁ…」って感じないところ。すごく良いんですよね。

 

自然に入ってきて自然に歌上手いなぁ…って感じる歌声ってなかなか無いですよ。上手いのはわかるんだけど主張が激しいなぁwみたいなのが、一般的に歌が上手いといわれている人には多いと思います。当然個性の主張が無いと駄目でしょうという意見もあるとは思いますが、おだえりちゃんの個性は自然に入ってくる歌声ということなんですよね。

 

それでも涙の表面張力の歌いだしの「ギリギーリ」で引き込む力は圧倒的。そういうところも含めてAKBグループでは唯一無二の歌唱力を持ったメンバーだと思います。

 

岡田奈々cが結構クセがある歌い方するので、おだえりc版の方が個人的には好き。上手い下手どうこうではなくどちらがより好きかという話です。

 

まぁ歌手って好き嫌いの幅が人によって結構生まれるので(だから歌手ってたくさんいるんだと思いますが)みんながみんな好きな感じなのかはわかりませんが、あたくしはおだえりcの歌好きですね。

 

 

直近でおだえりcの参加したイベントって何に行ったかなぁと思ったら一日署長イベでした。

 

これ平日の日中とかだったのにも関わらず結構な人が集まって、結局当初の予定よりもパレードの時間が減ったはず。

 

集客力もあるんですよね。

 

<一日署長イベのレポはこちら>

 

出発進行しか勝たん界隈()

 

 

最近またかわいくなりましたよね。かわゆー。

 

 

今度のGWにも一日署長イベがあるみたいですが、集客すごそう…w 

 

 

そういえば、おだえりちゃんは演技も上手です。

 

もう一昨年ですが、絢爛とか爛漫とかでもそうですし、去年のダンスレボリューションもどちらも見に行きましたが演技できるんすよ←

 

なんというか、人を引き込ませる力と言うのは歌であれ演技であれステージ上での魅せ方も含めて上手なんだと思います。

 

つらつらと良いところを書いていきました。脈絡もなくただばーっと書いていきましたが、ライターさん()では無いのでこんなもんです。ヲタクのブログですから。

 

また、次回別のメンバーを書いていこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク