こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8カメコでチーム8ヲタク、岡部麟1推しの小生が綴るヲタ活やカメコ活動に関連した内容と情報およびアルビネタも少々

スポンサーリンク

APS-C最強カメラNikon(ニコン)D500を再購入した結果

スポンサーリンク

f:id:kouzu345:20171212155559j:plain

私は以前にも記事に書いた通り、ニコンのD7500をメインで使っていました。

しかしながら、もともとD4sD500を使ってD750&D7200に移行し、1DX2を使い倒してD7500へ…という流れで機材の入れ替えをしてはや5か月。

「そろそろ猿連写がしたーい!」という思いが日に日に…というか現場ごとに高まってしまい、遂にD500を再購入してしまいました。

ちなみに12月の現場はすべてD500で撮影しています。

 

D500再購入に際して

なぜD500を再購入しようと思ったのか?

これはまさしく「連写性能」に尽きます。

D7500でも8コマ/秒の連写性能があり、D50010コマ/秒なので数字の額面で見たら大した変わりは無いのですが、大きな違いは「バッファ」にあります。

正確にいうとバッファだけではなくXQDカードによる実質無限連写の実現」という方がわかりやすいかと思います。

単純な連写性能で見ればD500D7500も大差ないですが、このずっとシャッターボタンを押しっぱなしでもずっとシャッターを切り続けられる快感()はD500D5D4sなどのカメラでしか体感できません。(Canonなら1DX2)

やはり、最近撮影環境が悪い現場に多くいくことが増えて、無駄打ちが増えてしまったとしても写真の総数を増やして少しでも採用できる写真の総数を上げたいと思っておりました。

D7500でもそこまで苦痛なわけではないですが、流石に10秒~数十秒単位でシャッターを切り続けられるわけではありません。そこでD500の再購入という結論に至りました。

写真のヒット率よりも、ボツ写真も増える代わりにヒット写真の総数を増やす目的です。

 

 

・最近の相場は?

私の場合、近距離撮影用にNIKKOR16-80mm/f2.8-4EというDX用のレンズ(これはキットレンズセットとして販売もされています)と同時に購入したのでなんとも言えませんが、マップカメラやフジヤカメラではD500のボディ単体で15万円を切る価格帯で中古にて購入することができるようです。

D7500との価格差ははおよそ4-5万円。払える人ならばオススメします。

 

・購入しての感想

やはりXQDカードでの快適な連写はストレスなくできて最高です。

D4sD500を以前使っていた時は猿連写のし過ぎでシャッターを何度も破壊したことがあるのですが、現時点では問題なく使用できています。前回と変えた点といえばXQDカードがレキサー製ではなくソニー製にしたことくらいでしょうか。

それがシャッター破壊と関連があるかどうかは不明ですが、現状エラーが起きていないのはうれしい限りです。

 

D500での作例

現時点までの12月のイベントでの撮影はすべてD500撮影です。

D500NIKKOR16-80/f2.8-4E

 

 

D500TAMRON150-600G2

 

 

 

 

・不満点

シャッターが壊れたらそれが一番の不満点になるはずでしたが、現状起きてないので一番の不満とするならSnapBridgeでしょうか。

SnapBridgeとはスマホとカメラを連携させるアプリのことなのですが、これが非常に使いづらい。

Wi-Fiでの接続は基本的に上手くいきません。

私の用途としてはボディ内現像(※1)した写真をスマホに転送できさえすればいいのでBluetoothで接続して自動転送(※2)させています。

このBluetoothでの自動転送もD7500ではうまくいっていたのですが、D500では何度か上手くいかないことも。

これは原因が不明なのですが、スマホ側の電池が少ない時には自動転送がうまくいかないだとか、カメラ側でもバッテリー残が残り1くらいになると転送できなくなるとか、カメラ側もスマホ側もバッテリーの残量の影響をうける場合があるようです。

最初からそういうメッセージを出してくれればまだしも、原因がわからないまま転送できない状態が続いてしまうので、いくつか仮説を立てて原因究明からはじめなくてはなりません。

速報対応(撮影後すぐにSNSにアップすること)が大事だと思っている小生的にはかなりの不満点です。

このアプリはリリース時からいろいろと不評なアプリではあるのですが、やはりiPhoneとのというかアップル製品との相性もあまり良くないように感じます。

逆にD750D7200WMUというアプリは同じニコンでも段違いで使いやすいです。

Canonのカメラコネクトというアプリはさらにその上をいく快適性があります。

なんとかならないものですかねぇ…。

あとは強いていうなら重さでしょうか。これは5か月D7500で慣れてしまったことが大きいのですが、D7500に比べると多少ずっしりきます。

それでも誤差の範疇なので時期になれると思いますが。

※1ボディ内現像について

 

※2自動転送について

 

 

・総括

D500は連写をストレスなくしたい方には非常におススメです。

そもそものカメラとしての機能もD5とほぼ同等(センサーサイズの違いはあれど)なので、最初からいいカメラを買いたい!予算もある!って人には特におすすめです。

 

<その他カメラ関連記事は以下から>

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク