こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8カメコの小生が綴るヲタ活やカメコ活動に関連した内容と情報および競馬予想やアルビネタも少々

スポンサーリンク

「指原莉乃、STU48兼任解除!」に思うこと

スポンサーリンク

ども、こうずです。

何かと話題の莉乃cですが、STU兼任解除の話題にかなり乗り遅れ気味ですが、あたくし的に思うことをただつらつらと書いていこうと思います。

<この記事をどんな人が書いているかわからない場合はこの動画をご覧ください↓>

 

最近の莉乃cはHKTSTU、イコラブ、その他テレビ出演などなどかなり活躍していて、最近ではそう感じることも無くなったものの、今でもたまにBのバックダンサー(莉乃cのデビューはチームB公演でのバックダンサーでした)で思いっきり猫背だった莉乃cを思い出すことがあるのでなんだか不思議ですね。

 

本人のツイッターや、いろんなニュース記事ではHKTに専念する」「スケジュールが合わない」というところが理由として書かれていました。

まぁ、確かにHKTだけでも年に1回か2回しか劇場に出れない現状でSTUを兼任して、最近ではイコラブのプロデューサーとしての活動も始まったということで、完全にオーバーフローしてスケジュールが合わないというのは納得

HKTに専念したいというのは本心かどうかはわからないですが、本人がそう言うのならそうなのでしょう。

多分、莉乃cが今回兼任解除するにあたって、「HKTに専念したい」と発言したことがファンの中で賛否両論あるんだと思います。モバメでもそんな内容のことも書かれてましたし(気になる方は莉乃cのモバメ取ってくださいw)

 

ここからはあたくしの勝手な妄想&持論がふんだんに散りばめられているので一つの仮説として読んでもらえたらと思います。

あたくし的に莉乃cが「HKTに専念する」と言ったことが本当にSTU兼任解除をする理由だとしたら、その要因ってなんだろう?と考えてみました。

 

無駄に←年少メンを溺愛する莉乃cがSTUから離れるのが本当に本意だったのか個人的には疑問でしたが、本人のツイッターにも書いてある通り、岡田奈々がSTUを引っ張っている感じは、瀧野由美子c以外STU事情をよくわかっていないあたくしでもわかることでした。なので岡田奈々に託す的なメッセージはそのまま受け取っていいのかなと。

 

何が言いたいのかというと、莉乃cは今年で総選挙に出るのはラストと決めて、AKB48SHOWでもゆいはんと「グループとゆいはんを支える」的な発言があったり、まだまだ卒業はなんも考えてない発言(ちょっと意訳)があったりと、あっちゃんや大島篠田小嶋あたりの黄金期メンバーがごっそり抜けた今のAKBにおいて、「なんとか維持して引っ張らなければ」という気持ちが少なからずあるのかな?と思っています。

それと同時に総選挙で圧倒的な差で3連覇した莉乃c的には、少しずつ後進の育成も考えているような気がします。(これもあたくしの妄想)

NMBではさや姉が、SKEでは珠理奈が、NGTでは同期のきたりえが(卒業しても柏木は兼任)、HKTでは宮脇が、STUでは岡田がそれぞれ頭となって引っ張ってもらいたいのかなと。(HKTに関しては莉乃cもまだまだ表に出ていきたいのかな?という気もしますが、総選挙のバトンを咲良cに渡したということで宮脇にしましたが。)

なので、グループ全体に張り合いを求めているんだと思います(これも妄想)。

HKTSTUを莉乃cが兼任してしまったら、HKTSTUの間で莉乃cは宙ぶらりんになってしまいます。なまじっか莉乃cがいることで岡田奈々も完全に前面に出づらくなることもあるでしょう。

そうなるのであれば、(もちろんスケジュールの都合があったにせよ)HKTSTUかを選ばなければならない日は遅かれ早かれ来ていたのではないか?と感じてしまいました。(妄想です)

そう考えると個人的にはSTUの兼任解除も納得かなぁと思ってしまいます。

最近はイコラブもリリース間隔が短かったり、確かに多忙だとは思うけれども、この機会にもっと劇場公演出てもらいたいなぁというのは少し思いますねぇ…(行けるかは別ですがw)

 

余談ですが、個人的にはまりやぎちゃんがいた9期と、チーム8の間のAKBのメンバー、いわゆる本店メンっていまいちなじみが無い(あまり興味がなかったり、そこまで劇場で公演見れなかったりすることもあって)のですが、今回のSTUの一件で岡田奈々を莉乃cが思いのほか評価しているって感じたことと合わせて、最近スタンプカード(誓約書)の影響で16期公演を16回見たあたくし的には16期にどっぷりの村山彩希cあたりも次期指原ではないにしろ、そういうサポートやプロデュースにも手を出してきているので14期生の岡田と13期生の村山が本店内ではグループ内での張り合う相手として頭角を現してきていると感じたのは劇場にしろオンデマにしろ公演を見ていたり、その期やメンのファンなら既に思っていることなのかもしれないですが、ほとんど馴染みの無いメンバーにそう感じるということは、本当に少しずつ育成ができているんじゃないかと感じる一面ではないでしょうか。

 

 

最後に。

 STU運営がいただけない点に対して、こういう莉乃cの鶴の一声が効かなくなるだけに今後の不安でしょうかね…

 

 

スポンサーリンク