こうずクオリティー覚醒(c)

指原莉乃古参かつチーム8ヲタカメコの小生が綴るヲタ活などに関連した内容と情報およびアルビネタや競馬ネタ一口馬主ネタも少々

スポンサーリンク

6/4アルビレックス新潟VSセレッソ大阪【Jリーグ第14節】

スポンサーリンク

スタメン

GK

21 守田 達弥

DF

4 ソン ジュフン

24 川口 尚紀

27 堀米 悠斗

50 富澤 清太郎

MF

7 ホニ

8 小泉 慶

10 チアゴ ガリャルド

34 原 輝綺

49 鈴木 武蔵

FW

9 山崎 亮平

【こうずのチーム採点・寸評】

新潟4.5

良かった点から…

60分までは守備が耐えられるのは三浦体制よりも良くなった点だと思う。

前半の小泉が攻撃のスイッチになって堀米と崩しにかかったシーンは良い形だった。

悪かった点…

大谷の怪我と、やはりと言うべきか大野も手術を要する怪我はこのタイミングで、特に大谷の離脱は痛い。

そして本日のGKのスタメンは守田。大敗をその時点で覚悟したものの、60分までDF陣含めて守れていたのは良い誤算だったものの、前節に引き続きPK献上。

このPKで勝負は決した。そしてなんと4失点。得点0。セットプレーでの失点が3。2失点目は混戦の中集中力と粘り強さを欠いてフリーで決められ、三点目も集中力が切れたところから。4点目は守田が棒立ち。フリーキックとかで壁に指示出しておいて棒立ちするならキーパーの仕事の半分も出来てないと思う。守田は悔しくないのだろうか?加入したシーズンの守田選手は東口選手の抜けた穴を埋める活躍をしていただけに、ここまで堕落してしまったのは個人的に非常に残念である。

また、不老GKコーチがセットプレーの守備に関してどう教えているのか非常に気になる。ここまでセットプレーから失点しまくるシーズンは去年以上じゃないか?

不老コーチは去年から何も改善すべき点を修正できていないのではないか?

ちなみにアルビのGKでPK止めた記憶があるのは私の中では木寺と野澤以来無いんですよね…。特にここ2年くらいはPKは100%決められている印象がある。なのでPK=1失点と思うようになった。

今のアルビのサッカーはまさに弱者のサッカーである。守って守ってカウンター狙い。勝つなら1-0。1点取られたら1-1で引き分けに持ち込む。2点以上取られたら負けが確定する。そういうプランしか出来ない。

なぜならほとんどの選手の基本的な能力が足りないことと何か1つでも秀でたストロングポイントがある選手が少ないからである。今日の試合で確信したが、強化部長の神田勝夫は即刻クビにすべきではないのか?

限られた予算の中で最善のチーム編成をするのが彼の仕事だと思うが、それが出来ていない。つまり仕事が出来ない強化部長なのだ。

今年のアルビの新加入選手で一番の当たり選手は原選手だろう。まさかルーキーがこれほど活躍するとはシーズン前に私は思ってもいなかった。

ブラジル選手に定評があるとおりホニ(速い)もチアゴ(パスセンスがある)ももちろんいい選手だが、過去のブラジル人助っ人からすると申し訳ないがマルシオやレオまでの点数は上げられない。

その程度の編成しか出来なかった責任は重い。責任重大だ。

話を戻すと、ゲームプランどおりであっても守備で60分過ぎてから毎回ほころびが出てしまう。そのきっかけでPKが多いだけで、PKを与えるということはそれだけ攻め込まれていること。DF陣の体力が足りない事。集中力が切れていること。どれかか、複数が当てはまって失点に至っている。

前回は富澤、今回はジュフン。ジュフンに関してはガンバ戦での私の総評でも触れているが、やはり悪い癖としてあからさまなファールをすることがある。それが今日出てしまった。

三浦体制のときに比べればよく我慢しているとは思うのだが、負けてしまえば結果が全て。やはり、要は守備陣だと思う。

攻撃に関しては武蔵が決定機を決められない以上、ホニとチアゴしか得点に期待できない。ミドルシュートやこぼれ玉など、そこに可能性を見出すのはホニとチアゴしかいない。

川口の調子が少し落ちていたように感じた。武蔵よりも山崎のほうが前線でキープできるのだが、だれもサポートに行かないから結局ロストしてしまう。

攻撃面ではその当たりの認識を整えるべきだと思う。誰にボールが入ったら誰がサポートに行って誰が裏に走って…という約束事が曖昧なように取れた。結局ボールを失うと失点する可能性は上がってしまう。攻撃するときはきちんと狙いをもって動きを連動させてフィニッシュまでいけたらだいぶ変わってくるのではないだろうか?

アルビと対戦する側のチームからしたら、なるべく攻め込み、審判が笛を吹きやすいファールをするロメロやジュフンのあたりでファールをもらって、なるべくセットプレーで1点を取りに行くというプランで十分崩せてしまうのが今のアルビだと思われているのではないだろうか?

去年はレオがファールをもらわずにボールを奪えていたからここまでやられなかったのだが、プレスがことごとくファールになり自分たちで苦しくしているのが見ていて歯がゆい。

中断期間でどれだけ修正できるのか期待したいところだが、正直なところ今日の試合で降格は免れないような気がしている。7月に補強するならわからないが、このままなら今年は間違いなく降格する。それを悟った試合だった。

もはや割り切って監督には1からチームを作り直してもらいたい。

にほんブログ村

スポンサーリンク